効果からドッグフードを選ぶ|評判のドッグフード検証WEB

評判のドッグフード検証WEB
ドッグフードの安全性を解説

メインイメージ

効果からドッグフードを選ぶ

このページでは、効果からドッグフードを選ぶ方法を解説します。
気になる愛犬のトラブルや悩みに対して、どんなフードが最適なのかを説明!
ずばり、おすすめの製品を紹介します。

歯の状態が良くない

歯の状態が悪くなる原因の多くは「砂糖」です。
砂糖は、嗜好性を高める為に一般的に配合されることが多い添加物です。
可能な限り、砂糖が添加されているドッグフードは避けた方が良いでしょう。

また、歯のトラブルとして多いのが「歯石」です。
歯石が悪化すると、動物病院で全身麻酔をかけて除去しなくてはいけません。
そうなる前に、少しずつ歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。

先述したように、歯に悪い添加物を使用しないという条件を満たすのが、カナガンです。
余計な添加物が一切使用されていない為、安心して与えられるのは大きなメリットですね。

下痢気味で消化が良くない

一般的なドッグフードには、穀類が大量に使用されています。
本来、穀類は犬が自ら食べる食材ではありません。

犬という動物は元々は肉食動物ですから、その消化器官は穀類の消化に適していません。
結果的に下痢などの体調不良が生じてしまうというケースも非常に多いのです。

この悩みに対してオススメなのが先述したカナガンです。
カナガンの原材料には、ジャガイモ、サツマイモ、アルファルファ、ニンジン、オオバコなどが使用されています。
これらの材料には可溶性食物繊維と不溶性食物繊維が配合されているのが特徴。

二種類の食物繊維が犬にとって理想的なバランスで配合されているので、消化運動がしっかりと機能するのです。
さらに穀類も一切使われていない「グレインフリー」です。
これによって、下痢や便秘などのトラブルを避けることができます。

皮膚のかゆみに関する悩み

従来のドッグフードでは、フケやカユミなどの皮膚に関するトラブルを引き起こすリスクがあります。
それは、酸化や劣化を抑えるために合成添加物が配合されているという理由からです。

一般的なフードに使われている合成添加物には、強力な毒性があるのです。
発がん性があるとも言われており、アレルギーを引き起こすキッカケにもなります。

このほかにも、乾燥肌や肌の赤み、抜け毛やツヤのない毛並みなどの症状が生じてしまう可能性もあります。

これに対して有効なのは、やはりカナガンです。
カナガンの原材料には、穀類や大豆、乳製品や牛肉、豚肉などのアレルギー源となり得る物質が配合されていません。
また、成長ホルモンや先述した合成添加物も含有されていません。

オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸などもバランスよく配合!
健康な皮膚を維持する要素がしっかりと詰まっています。

肥満・太り気味に関する悩み

愛犬が太り気味・肥満気味で悩んでいるという方、それもやはりフードが原因かも知れません。
人間と同様に、肥満は様々な病気の原因になってしまいます。
しっかりと対策を講じることが重要と言えるでしょう。

そんな肥満を解消出来るフードとして挙げられるのが、何度も登場しているカナガンです。
ここでカナガンをおすすめする理由は、グレインフリーであるということ。
穀類を与えず、理想的な消化吸収のサイクルを実現してあげることで、余分な脂肪が落ちて健康的で元気に過ごせるようになります。

肥満で悩んでいる場合は、ぜひ試してみてください。